FC2ブログ

お盆に帰省中の女子大生からのご依頼

お盆に帰省中の女子大生から性感マッサージのご依頼がありました。
幾人かの男性と付き合ったことはあるが、性体験はこれまで一度もないとのこと。つまり処女の女性でした。僕はふと、

「申し込むときに怖くなかったですか?」

と聞いてみました。
やはり、ちょっとは怖くて迷ったそうです。

ちなみに、その彼女はいま関東に住んでいて、都会ならたくさんの性感マッサージ師がいるんじゃない?ってそれも気になって聞いてみたのですが、どうも都会は、エッチが前提のような所ばかりでそれが嫌だったのと、なんとなく僕のブログを読んで、安心できそうと思っていただけたようでした。ありがとうございます。
緊張されていたので、まずはゆっくりと長めに話をしました。

彼女の希望は、性感とマッサージの割合を1対9くらいにしてほしいとのことだったので、あんまり際どい所を攻めずに、念入りにリンパマッサージを行いました。でも、お尻を触ったあたりから、段々と息が荒くなってきたのを感じました。おそらく彼女の性感帯は臀部でしょう。性感帯であるお尻を念入りにマッサージ。すると、あそこがずいぶんと濡れてきました。
背中もゆったり目にマッサージ。かなり気持ちよくなってきたようです。

そうしてうつ伏せから仰向けになってきただき、まず足を、それから腕を念入りにマッサージ。胸はあまり触らず、軽く揉みほぐす程度。
あそこもゆっくり目にさわり、まずクリトリスの周辺を軽く愛撫。このときにこれまで感じたことのないくらいの快楽で、さらに今まで体験したことのないくらいあそこからイヤラシイ汁があふれんばかりにたれていました。
指は迷っていたのですが、希望されたのでゆっくりと挿入し、Gスポットを周辺を軽く愛撫。恥ずかしながらも、大きな声であえぎ始めました。

そうして、ゆっくり目にクールダウン。ヘッドマッサージを行いました。ヘッドがかなり気持ちよかったらしく、結構長めに頭をマッサージしました。ここまでで4時間近く経過していて、時間の早さにびっくりされていました。

そのあと、いろいろと話をしました。今、大学で好きな男性がいてその彼とちょっといい関係になっている。初体験はその彼と夢見ているとのこと。ぜひ、勇気を振り絞って彼に告白してほしいなって思います。

今度、帰省するのは年末年始とのことで、そのときも必ず来たいと言ってました。また、お会いできるのを楽しみにしております。

■性感マッサージの申し込み&問い合わせ
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

性感マッサージの体験 30代ご夫婦からの依頼

先日に、30代ご夫婦から性感マッサージの依頼がありました。

カップルやご夫婦の依頼の理由は主に2つのパターンです。

まず、一つ目ですが、男性の趣味嗜好です。妻や彼女が感じているのを見ていたいというのが理由です。

もう一つは、女性の不感症です。女性があまり性的な欲求がない、またはほとんど感じずセックスが苦痛だと思っているような夫婦が申し込んでくれます。

僕は性感を始めた当初、まさかカップルやご夫婦での依頼はこないと思っていました。こういうのは女性がこっそりと誰にも内緒できたいものだと考えていたからです。

でも、実際に性感を行っていく内に、カップルやご夫婦での問い合わせが増えてきたのです。初めの内は断っていました。トラブルが多いかなと考えたし、男性がいると僕がそれなりに気を使い、性感マッサージがおろそかになるかと思ったからです。

でも、もし女性が彼氏や旦那がいた方が安心できるなら、その方がいいかと思ったのです。性感マッサージはどれだけ女性に安心していいただけるかが問題で、少し怖いという理由で躊躇している方々が多いからです。

それに夫婦やカップルで行っていると謳っている方が、まだ安心していただけるかとも思います。というのも、もしなんちゃってな性感マッサージならば絶対にカップルやご夫婦を断ります。仮に旦那がマッサージに関して無知だったとしても、マッサージの手さばきを見れば、素人かどうかの判断くらいはできると思うのです。

まあ、僕の場合は整体師としてこれまでのべ何千人と人の体を触ってきたので、多分、素人ではないというのは手さばきを見れば分かっていただける自信はあります。

さて、今回ご夫婦で依頼されたのですが、ご主人が諸事情で来られなくなり、奥さまひとりで行うことになりました。

まず仰向けで世間話を行いながら、手や腕のマッサージを行います。手のマッサージは首や肩こりに有効だし、末端である指先をマッサージすると、全体の血流がよくなります。腕が終わると今度は足のマッサージ。ゆったり目のリフレクソロジーを行い、リラックスしてもらいます。

そうして、うつ伏せになり、足のリンパマッサージ。多くの女性は足がむくんでいて、ふくらはぎを中心にリンパマッサージを行いました。

それから、太ももやお尻のツボを刺激し、少しずつ性感を高めていきます。

そうして、もう一度、仰向けになっていただき、足からゆったり目のマッサージを行い、最後の胸をあそこを刺激。やや長めに焦らしたので途中退屈だったかもしれませんが、粘り気のある汁が大量に垂れていました。

手をぎゅっと握るしぐさから、それなりに感じていただけたのかなって思います。

申し込みや問い合わせは→こちらのサイト